「海の素」

*** 海の素 ***

やさい村お店

[発売元]やさい村

東京都三鷹市下連雀3-6-25

「海の素」ものかたり -その3-

すべての地球のミネラルが溶けだし、やっと安定した太古の海の中で、初めての地球の生
命体である単細胞生物が発生したと言われています。

それから遥かな時と進化を経た今の我々が塩を摂って生きているのも、海を体の中に持っているからなのだと言われれば、なるほどと納得してもらえるのではないでしょうか?

塩は時代と共に、または人々の居住地域によって若干異なるものが摂られて行きました。
そもそも人々の生きていく上での必需品で、あまりにも日常の中に在りすぎて塩の働きについて本当にまともに考える人が少なかったのかも知れません。

日本では高度経済成長と共に塩業近代化法の施行によってそれまでの流下式塩田が廃止されイオン交換法の塩作りに代わって行き塩化ナトリウム99.8とか9といった純度の高い塩が作られるようになりました。
しかしもうここまで行くと試薬塩化ナトリウムであって、これは化学薬品で本来のいのちを育む塩ではありません。

しかし、当時の専売公社はこの薬品ともいえる恐ろしい物質を塩だと勘違いしていたのです。
しかも専売法によって一般の人々の製造は法律で厳しく禁止されていたためこれらのもの以外は口にすることすら出来なかったのです。

結果長い間国民はこの危険で不味い塩化ナトリウムを食べさせられていたのです。


流下式塩田の廃止は、化学塩を生み出し、のどかな日本の海辺の風景をも変えて行きました。
海と一つながりであったのどかな塩田は姿を消して、そこで働く人々も消えて行き、
海は埋め立てられて代わりに工場群がどんどんと並び立ちました。

それは高度経済成長という経済最優先社会への暴走のエピローグの時期でもありました。
当時塩田の廃止に対して、危惧を抱いた幾つかの消費者団体が反対の声を上げ始めました。

当時日本食用塩調査会の谷 克彦さんと、阪本章裕さんは、消費者団体から塩の品質の調査を依頼され、調べてみたところ、実は流下式塩田の塩とイオン交換で製塩された塩とは
あまり差はなかったそうです。

つまりは流下式塩田も時代の変遷とともに知らず知らずのうちにかなり純度の高い塩を作っていたと言うことになります。

さらに二人が研究を進めていくと、時代と共に塩の純度が上がって来ている事を発見します。
すこし遡って明治あたりの塩では87.8パーセントだった事も分かりました。

そして谷さん達は、精製していくことそのものに問題があるのではと考えるようになっていったのです。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)